読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミクのオススメ漫画 感想ブログ 

電車の移動時間や暇な時間に漫画を読んでいます。読んだ漫画の感想を書きます。ネタバレもあるかも・・・

名探偵シャーロック・ホームズの宿敵が主人公!!憂国のモリアーティ あらすじとネタバレ

こんにちは。

 

 

マンガ大好きアラサー女子のミクです。

 

 

今日は憂国のモリアーティ』を読んでみました。

 

f:id:reecan:20161213111830p:plain

 

舞台となる最盛期の大英帝国は、完全なる階級社会の世界。

 

強制的に命に優劣を付け、そして必然的に差別を生む。

 

 

貴族の命令は絶対!!

 

 

そんな世界の中でモリアーティ家の長男・アルバートは、孤児院で子供たちに読み書きを教えながら、神の前で「悪い貴族をやっつけろ」「悪い人間を排除すれば ここは理想の国になる。」と正しく悪の道を説いていた一人の少年に目を付けて、引き取ることに決めた。

 

 

彼は「理想の為に人を殺せるか」と少年に聞いた。

 

 

少年がそれがあなたの僕に求める報酬ですか?

 

 

と問うと ・・・そうだ!!

 

 

アルバートは金と権力を持つ自分と、少年の知恵と勇気があれば、世界を変えられるかも知れないと思ったのです。

 

 

2人の理想は合致し、孤児の弟・ルイスとともに、ある計画を練った。

 

 

孤児の兄弟を良く思うはずがない、次男と母親と使用人全員の“処分”である。

 

 

一気に全員を処分するには・・・寝静まったころ屋敷に火をつけるのがいいだろうと計画!!

 

 

見事3人は完全犯罪を成立させ、新しくアルバート、ウィリアム、ルイスという「モリアーティ3兄弟」となり、天下の大英帝国を敵に回してでも世界を浄化し、美しい理想の社会を築いていこうと動き始めます。

 

 

 

 シャーロック・ホームズの宿敵だけあって、ウィリアムの思いつく完全犯罪が素晴らしい。

 

決して自分では手を下さず、巧妙なトリックで自殺や病死に見せかけるのが凄いです。

 

 

 『シャーロック・ホームズ』シリーズを知らない私でも十分楽く読めました。

 

 

民衆の心をつかみ、“悪い貴族”の罪をあばいて罰を下すモリアーティ3兄弟の今後に期待します。

 

 

 

 憂国のモリアーティは、まんが王国で無料で試し読みできます。

まんが王国で無料で試し読み

リンク先から憂国のモリアーティと検索してくださいね。