読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミクのオススメ漫画 感想ブログ 

電車の移動時間や暇な時間に漫画を読んでいます。読んだ漫画の感想を書きます。ネタバレもあるかも・・・

ぼくは麻理のなか あらすじとネタバレ

こんにちは。

 

マンガ大好きアラサー女子のミクです。

 

 

今日は『ぼくは麻理のなか』を読んでみました。

 

ただの、人格入れ替わりでは無かった。。。

 

f:id:reecan:20161110135549p:plain

 

大学で上京後、友人作りに失敗したことが原因で、まともに大学にも行けず、約2年も部屋に引きこもっている主人公・小森功

 

唯一の楽しみは行きつけのコンビニで見かける、とある女子高生を尾行することでした。

 

 

しかしある日、いつものように彼女の後をつけていると異変が起こります。

 

女子高生は足を止め、後ろを振り返り、功の方を見たのです。

 

その時少女は、わずかに微笑んだようにみえ、功の意識はそこで途切れた。

 

 

そして目が覚めると・・・翌朝、気付くと功は見知らぬ部屋に・・・

 

鏡に映っていたのは彼がひそかに「コンビニの天使」と呼んでいた女子高生・吉崎麻理だったのです。

 

突然の出来事に戸惑いながら「麻理」の姿のまま女子高生として過ごしますが、行動や口調が不自然。

 

ある日、「麻理」のクラスメイト・柿口依が、「麻理」が外見は同じだが中身が別人となっていることに気が付きます。

 

功は、本物の麻理は自分と入れ替わったかも?と思い、コンビニに居た、功(自分)に思い切って話し掛けてみるも知らないと言われてしまう。

 

本物の麻理はどこへ行ってしまったのか?

 

麻理の行方を依と協力して探していると、思っても見なかった麻理の姿を知ってしまいます。。。

 

 

 

人格が入れ替わるというのは、よくありましたが、「この漫画はどうやら単に入れ替わっているわけではない」

 

謎が謎を呼ぶ展開で目が離せません。

 

 

 

ぼくは麻理のなかは、まんが王国で無料で試し読みできます。

⇒まんが王国で無料で試し読みする方法