読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミクのオススメ漫画 感想ブログ 

電車の移動時間や暇な時間に漫画を読んでいます。読んだ漫画の感想を書きます。ネタバレもあるかも・・・

六角関係!?100万円の女たち あらすじとネタバレ 

こんにちは。

 

マンガ大好きアラサー女子のミクです。

 

 

今日は『100万円の女たち』を読んでみました。

 

売れない小説家が謎の5人の女たちと一つ屋根の下で一緒に暮らしている。

でもただのシェアハウスではない。

女たちは毎月、彼に100万円支払っているのです。

 

 

f:id:reecan:20161101140853p:plain

 

売れない小説家・道間 慎(31)

 

彼は、今どき珍しいアナログ人間で携帯も持っていない。

 

連絡手段は家の電話だけ・・・その電話に毎日決まって受信するのは

「死ね」というFAXだけ。

 

こんな彼の 一軒家に5人の女性が同居してます。

 

 

鈴村 みどり(17)

一番初めに起きてくる高校生。

 

小林 佑希(24)

2番目に起きてくるが、朝食を食べると、夕方まで部屋に引きこもり。

 

塚本ひとみ(26)

昼になると起きてきて紅茶を飲み、決まってリビングでヨガを始める。

 

開 菜々果(20)

ひとみの次に起きてくるが、食事を終えると2度寝と称して部屋に戻る。

 

白川 美波(30)

夕方近くになり起床するが、 慎がいても関係なく家の中では裸である。

 

かなり個性的な彼女たちですが・・・

 

女たちには質問をしないというルールがあるので、

慎は彼女たちが何をしているか一切分からないのです。

 

あと6人全員で、夕食を摂ることがルール。

 

夕食が終わると、女たちは各々部屋に戻ったりと色々・・

 

慎は全ての後片付けをして、小説の続きを書く。

 

これがシェアハウスの1日なのです。

 

 

そして毎月28日に、彼女たち一人100万円を慎に渡します。

 

家賃という名目ですが、慎が彼女たちの身の回りの世話を全てするにしても

 

100万は、やりすぎのように思われる。

 

高校生がどうやって100万円も??

他も働いてるように見えないが、どうなっているのか?と謎だらけ・・

 

 

100万円を払ってもこの家に住む理由とは何なんでしょう!?

 

 

この後、謎が謎を呼び、そして、恋までも呼んでしまう

 

そんな異色のミステリー×ラブコメディーです。

 

少しずつ謎が解き明かになっていき、それを予想しながら読めるので面白いですよ。

 

 

100万円の女たちは、まんが王国で無料で試し読みが出来ます。

⇒まんが王国で無料で試し読みする方法