読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミクのオススメ漫画 感想ブログ 

電車の移動時間や暇な時間に漫画を読んでいます。読んだ漫画の感想を書きます。ネタバレもあるかも・・・

ちいさいひと 青葉児童相談所物語 ネタバレと感想

こんばんは。

 

まんが大好きアラサー女子のミクです。

 

 

今日はちいさいひと 青葉児童相談所物語を読みました。

 

 

こんな悲しく切ないストーリーがあるのかと思ってしまう物語です。

 

f:id:reecan:20161027214944p:plain

 

増え続ける児童虐待

 

自分自身も母親から虐待を受けていて、児童福祉司に保護された経験がある

新米児童福祉司の相川健太が、子どもたちの幸せのために

児童虐待に向き合い子どもたちを救う物語です。

 

  


健太は虐待の経験から、子供のSOSには人一倍、敏感でちょっとした、

きっかけでも危険を察知します。



そんな彼が、青葉児童相談所に配属されてから、2日目に仕事(事件)が起こります。

 

 

1歳6ヶ月検診に訪れない、自宅へ行っても子供に合わせてくれない。

 

 

その少女の母親からかかってきた電話に健太がでた。

 

 

声を荒らげ、話す母親の様子が、昔の自分の母親と似ていて健太は何か不安を感じ取ります。

 

 

何の証拠もなかったけど、健太はおかしいと思い、いろいろ調べていくと

その子の姉も行方不明でした。

 

 

家に向かい母親の妨害を押し切り、部屋に入ってみるとゴミだらけの部屋で
姉妹は餓死直前で倒れていました。

 

 

もし発見が遅れたら、おそらく姉妹は、そのまま死んでいたであろう。

 

 

母親は男に夢中になり、姉妹を邪魔者扱いし監禁。

 

 

時々、ご飯だけは与えていたが、部屋に帰ることはなかった。

 

こんなひどい目に合いながらも母親の事を信じている 少女が可哀想で仕方なかったです。

 

 

一話読んだだけでも切なく泣いてしまいました。

 

子どもとどう向き合い育てていくのか、と考えさせられます。

 

そして虐待に向き合う健太の熱く優しい行動に感動しました。

 

 

気になる方は、読んでみて下さいね。

 

ちいさいひと まんが王国で無料で試し読み出来ますよ。

 

⇒まんが王国を無料で試し読みする方法