読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミクのオススメ漫画 感想ブログ 

電車の移動時間や暇な時間に漫画を読んでいます。読んだ漫画の感想を書きます。ネタバレもあるかも・・・

マンガ 37.5℃の涙の感想

こんばんは。

 

まんが大好きアラサー女子のミクです。

 

 

今日は『37.5℃の涙』を読みました。

 

恥ずかしながら この本で、病児保育士という職業があることを初めて知りました。

 

f:id:reecan:20161027212214p:plain

 

子供が保育園に行ける、体温のボーダーラインが37.5℃。

 

子供が熱を出してしまい保育園には預けられない。

 

急には会社が休めなかったり、両親など誰も面倒を見てくれる人が居い。

だからといって病気の子供を一人置いては仕事に行けない。

 

そんな、身動きが取れない親たちの代わりに、家で子供の面倒を見てくれるのが

 

病児保育士なのです。

 

そんな病児保育士桃子が、子供の両親と同僚と向き合いながら奮闘する物語です。

 

 

桃子は、幼い頃 母親に虐待されていたことで、うまく笑うことが出来ないのです。

 

過去に、虐待されていた人が保育士?大丈夫なの??

 

…って意見もありましたが、

 

桃子は友達や同僚など周りに、ちゃんと愛してくれた人がいたから、

 

病理保育士という仕事に就いても、色々な問題にも立ち向かって解決していく力が

 ついて、成長出来たのだと思います。

 

桃子が日々変わろうと奮闘する姿や子供達の変化に、感動と勇気を貰えました。

 

どんな過去があったとしても、環境の変化、身近な人の支えによって、

 

いい方向に行く可能性は誰にでもある。

 

そう思わせてくれる漫画です。

 

興味がある方は読んでみて下さいね。

 

 

37.5℃の涙は、まんが王国で無料で試し読みできますよ。

 

⇒まんが王国を無料で試し読みする方法